期限は2週間!インド入国後にしなければならないFRRO申請!?

生活November 19, 2018 14:04

期限は2週間!インド入国後にしなければならない手続きとは!?

インド転職も無事に内定が決まり、これから長期のインド生活をするために念入りな渡航準備を進めていることだと思います。しかし、インドに来てからも生活を落ち着かせるまでには様々な手続きや準備があり、最初の1ヶ月はバタバタ生活が続くことが予想されます。そこで今回は渡航してからも落ち着いて手続きや準備を進めることができるように、インド入国後に必要な最初の手続きであるFRRO申請についてまとめます。

 

FRROとは

Foreigner Regional Registration Officeの略称で、 180日以上滞在する外国人は必ずしなければならない外国人登録のことです。インドで働いて収入をを得るためにはこのFRRO申請を入国してから2週間以内に申請しなければなりません。万が一、申請に遅れた場合は罰金が科せられます。

インド政府は2018年2月12日よりFRROのオンライン申請の開始を発表しました。これによりFRROを直接訪問し、登録手続きをする必要がなくなったということです。なお、外国人登録だけでなくビザ関連の手続きも同様にオンラインでの申請が可能となりました。オンライン申請のサービス開始当初はデリー、チェンナイ、ムンバイ、バンガロールの4都市だけでしたが、現在はオンライン申請が可能な都市が増えております。(2018年11月現在)

 

申請に必要となる書類(2018年現時点)

  • パスポートのコピー(顔写真のページ)
  • VISAのコピー
  • 証明写真(縦3.5cm 横3.5cm または 縦3.5cm 横4.5cmサイズのもの)
  • C-form  インドに到着したこと、そして現在滞在している場所を確認するためのものです。(滞在しているホテルまたは住む家が決まっている人は大家に作成してもらいます。)
  • Rent Agreement(住居の大家から契約書をもらいます)
  • Police Vilification (記載されている住所に住んでいることを証明するために警察に認証してもらいます。)
  • Letters from company  以下の三点を勤務先に用意してもらいます。

    (1)Contract Letter 雇用契約書(2)Request Letter 勤務先からFRROへの申請書(3)Undertaking Letter 雇用者の保証書

 

書類の注意点

書類はPDFファイル、写真はJPGでアップロードします。

アップロード用の書類に関する注意点はFRROに詳しく記載されておりますのでそちらをご確認ください。

 

 

e-FRROの登録手順

オンライン申請ができるようになったFRRO登録ですが、登録までの手順をまとめます。

  1. ユーザー登録 FRROのポータルサイトでユーザーIDを作成します。
  2. ユーザー認証 インド国内で使用可能なE-mailアドレスと電話番号を登録して、OTP(One Time Pasword)を受け取れるようにします。
  3. サービスの選択 無事にログインができたましたら、利用するサービスを選択します。
  4. 書類等のアップロード 申請に必要な書類のアップロードをします。
  5. オンライン支払い 登録料、申請料の支払いもオンラインで行います。
  6. 申請状況の確認 申請状況の確認はオンライン上で可能です。また、登録したE-MailアドレスやSMSに通知が届きます。
  7. 証明書の発行 申請時に登録した住所宛に外国人登録の証明書の原本が送付されます。

 

 

まとめ

オンライン申請が可能となる前は、これらの手続きのために直接FRROに行く必要がありましたが、現在はその手間が省けたということです。また、FRRO申請については勤務先がサポートしてくれることもありますので、勤務先に確認していただくのが一番です。インドに来てから2週間以内に完了しなくてはならない手続きとなるため、あらかじめ把握しておけばスムーズに手続きが進めることができる思います。2週間を過ぎて罰金を支払わなくてはならない、ということにならないように気をつけましょう。

 

FRRO公式ホームページ参照

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.