【女子旅1泊2日でジャイプール】ここだけは押さえたいピンクの街ジャイプールの見どころ

February 12, 2019 11:00

 

インドの観光地と言えば、おそらく多くの人が真っ先にタージマハルを思い浮かべることでしょう。しかし、広大で5000年もの歴史があるインドには他にも外せない観光地が数多くあります。今回は首都デリーから250キロほど離れたところにあるピンクシティーで有名なジャイプールに行ってきました!

 

 

ピンクシティーと呼ばれるジャイプール


 

ジャイプールはインドの首都デリーから約250キロにある、ラジャスタン州の州都です。ピンク色の城壁に囲まれ、ピンク色の建物が多く集まる旧市街から、別名ピンクシティーと呼ばれています。

 

 

ジャイプールには多くの観光地がありますが、それだけでなくブロックプリントや植物染でも有名で見どころ満載!お買い物も楽しめます。今回は、インドの旅行代理店を利用し、自宅までの送迎付きの1泊2日ツアーでジャイプールへ行ってきました!

 

いざ、ジャイプールへ!


 

  • 1日目

朝7:30に自宅のあるグルガオンまで迎えに来てもらい、いざ出発!グルガオンからジャイプールまでは、片道4~5時間かかります。途中で何度かサービスエリアに寄って休憩しながらジャイプールを目指します。

 

 

長旅を終え、やっとジャイプールに到着。

 

 

まずはエレファントライディングからスタート!

 

 

エレファントライディングの他にも象の体にペインティングも出来、季節によっては水浴びのアクティビティなどもあります!欧米からの旅行客も多い人気スポットです!

 

 

今回は15分間のエレファントライディングを体験しました!

2月中旬グルガオンの朝夕は肌寒く、日中も20℃を切るくらいでしたが、この日のジャイプールは快晴。30℃近くまで気温が上がり、エレファントライディングには最適の気候でした。

 

 

カメラマンの方が写真を撮ってくれました!

 

 

次に向かったのは「アンベール城」。インド版万里の長城とも言われています。

外国人は入場料500ルピーです。場内はインド人観光客で賑わっています。

 

 

この辺りは昔、様々な民族が行住む場所であったため、丘陵地帯に強固な城砦を築き、異民族の侵入に備えたそうです。この時代に築かれたチッタウルガル、クンバルガー、ランタンボール、ガグロン、アンベール、ジャイサルメールの6つの城砦がラジャスタンの丘陵城砦群として、2013年に世界文化遺産に登録されました。

 

 

 

続いて向かったのは、ピンクシティーのど真ん中にある「シティーパレス」。

200年以上もの間王族の住居として、王国の政治の中心として使われていたそうです。

こちらも外国人は入場料500ルピーです。チケットを購入する際に、音声ガイド(300ルピー)も頼むことが出来ます。

 

 

ピンクシティーのど真ん中にあるだけあり、シティーパレス内もピンクで囲まれています。

 

 

建物の扉には美しい孔雀が描かれており、この孔雀の羽のデザインは扉によって違うそうです。

中には100ルピー~のサンダル屋やアクセサリー屋等いくつもお土産屋ショップがあり、オシャレなカフェもあるので、長時間楽しむことが出来ます。

 

最後に向かったのは、ジャイプールで最も有名と言っても過言ではない「ハワーマハル(風の宮殿)」です。

 

 

ハワーマハルとは、1799年、ジャイプール王国の王プラタプ・シンが建てた、赤みのある砂岩を用いた5階建ての建物です。別名「風の宮殿」とも呼ばれています。この宮殿、なんと953個もの小窓があるのです。この小窓は、宮廷の子女が外から自分の姿を見られずに街を眺めるためのもので、この小窓から街の様子やお祭り、パレードを眺めていたと言われています。

 

 

ピンクシティーにはこのようなインドらしい服や小物を売っているお店が多く並んでいます。ショッピングだけで何時間もあっという間に過ぎていってしまいます。

 

多くの外国人旅行客が宿泊している3つ星ホテルに宿泊しました。

時期にも寄りますが、私が宿泊した2月中旬は朝食付きで2000ルピー弱でした。

 

  • 2日目

朝9:30にドライバーにピックアップしてもらい、インド布を使った服や雑貨が買えるAnokhi(アノーキ)へ行きました。Anokhiはインド各地にありますが、ブロックプリントで有名なジャイプールに本店があります。店内には多くの可愛らしい服や小物が並んでいました。店内は撮影禁止でセキュリティースタッフが数名いました…。

 

 

昼過ぎ頃にジャイプールを出発し、グルガオンへ帰ります。街中で象が見られるジャイプールとお別れです。途中渋滞にハマり5時間ちょっとかけて帰宅しました。

 

1日目はタイトなスケジュールで有名な観光スポットを回り、2日目はゆったり過ごして帰ってくることが出来、充実したジャイプール旅行でした。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?ジャイプールは大都会デリーとは違い、のんびりとした雰囲気の場所で、旅行に最適です!普段は学校や仕事で忙しいという方も土日を使って訪れることが出来るオススメスポットです。

タイトにスケジュールを組めば主要観光スポットは1日で回ることが出来、日帰りでの旅行も可能ですが、ショッピングを楽しむ時間はほとんどないので、ゆったり1泊2日で行かれることをお勧めします!

海外就職をサポートしますup-arrow
転職アドバイザーにお気軽にお問い合わせください。